top » diario

diario

何も無いところへ 3月16日

 

KANESEIのブログ”diario”を始めたばかりの頃から

「何も無い」というカテゴリーを作っています。

何も無いところに行くのが好き、という理由で。

 

正確には何も無くはないのですが。

人工物がほとんど無いところ

荒涼とした開けたところ

地平線がみえるところ。

最近はあまりたどり着けていません。

 

いま一番行きたいのは北海道の野付半島

「トドワラ」と「ナラワラ」です。

きっと非日常の風景がある遠いところ。


写真は「北海道ファンマガジン」からお借りしました。

 

できれば晩秋、冬の来る直前に行きたいのです。

そこに「さわやかな空気」や「鳥のさえずり」

「美しい青空」は要りません。

花々も、そして他の人間も無いほうが望ましい。

寒風吹きすさぶ荒地にひとり立って目を見開けば

飛んでいくような解放感を味わえるでしょう。

 

わたしが「何も無いところ」に惹かれるのは

現実逃避と解放感、そして幸せの再確認

そんなところなのだろうと思っています。

 

 

何も無い 道と足跡 12月22日

 

誰もいない、空の広い開けた場所が好きです。

人工のものは砂利の敷かれた道だけ。

自然以外に何も無い。

ここは箱根の仙石原です。

sen4

季節外れだったせいか誰も居ません。

sen5

風が強くて枯れたススキがざわめき、雲がちぎれる。

ポケットに手を突っ込んでマフラーに顔を半分うずめて

ぼんやりと歩きました。

sen6

とても寒いけれど清々しい。

sen2

おや? 足元には謎の跡。

するどく刺さる形はハイヒールの踵では無さそうです。

誰?

sen3

いのしし、ですか?

足跡が重なっています。

前足の跡を後足で追う歩き方、面白い。

 

でも突撃されても怖いです。

そして寒さも耐え難くなってきました。

暖かな場所へ退散しましょう。

sen1

とても美しい「何も無い」でした。

 

 

何も無い 永遠 3月12日

 

厚い雲の層を抜けると 青と白の世界でした。

何も無い。

雲と空と・・・私の乗る飛行機だけ。

このまま空は宇宙に繋がっているのです。

宇宙にも終りがあると言うけれど

それは永遠に届かないところであって欲しい。

universo

何も無い けれど・・・ 11月13日

 

アジアとヨーロッパの境は人種も歴史も文化も

何もかもが混ざり合い 重なり合って

その重みは旅行者にも強く感じられます。

そんな辺りで見かけた風景にある遺跡。

今はもう何も無い・・・

けれど この遺跡は

キリストの12人弟子のうち 誰かが来た事のある

かつては大きな街だった証です。

nai-3

何も無い そしてまた 9月25日

 

これはどこだったか・・・またもや何も無い風景です。

ヨーロッパ大陸の平野 見渡す限りの畑です。

ひたすら平な地平線に雲が接する風景は

日本ではなかなか見ることが出来ません。

農閑期だったのかどこまでも土が広がり

遠くに4本の木だけが見えていました。

nai-4

「何も無い」の思い出も4つ目になりました。

何も無い また 8月23日

 

写真を見ると 撮影したその時に感じた匂いや空気を思い出します。

イングランド北部の荒涼とした荒地は

夏でもひんやりとていました。

濡れた土と草の匂い 水の匂い 遠い山から来る風の匂い

空気が東京より濃い・・・というか 違う種類の空気のような記憶。

 

「嵐が丘」の主人公二人が向こうから歩いてくるような気がしました。

nai-5

何も無い ふたたび 7月29日

 

アジアとヨーロッパの境のあたりの風景です。

車窓から眺めるのは永遠に続くかと思われるような

「何も無い」風景でした。

杖を持った羊飼いの老人と痩せた羊の群れが通りました。

nai-2

何も無い 7月24日

 

何も無い風景に惹かれます。

もちろん大地と空はあります。それとわずかな人工物。

遺跡や廃墟 人通りの絶えた道…

その人工物のはかなさが「何も無い」感を際立たせると言いましょうか。

こうした風景の中に佇み ファインダーを通して眺めるのは

さびしい つらい という感情ではなくて

ひたすら開放感なのです。

nai-1

中央の白い道を中学生くらいの男の子が一匹の犬と通っていきました。