top » diario

diario

Firenze 2018 tempo calma №6 3月04日

 

東急百貨店吉祥寺店での

「手のひらサイズの小さい絵展」は

お蔭さまで無事終了いたしました。

お越しくださった皆様ありがとうございました。

またお買い上げを賜りありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

フィレンツェの古典技法額縁制作は

分業体制になっていて、おおよそ

木地(指物師)、彫刻、金箔から仕上げの

3種の職人さんで成り立っています。

パオラとマッシモの工房は「額縁店」ですので

お客様がいらして打ち合わせをするプロデューサー、

デザイナー兼箔から仕上げまでを行います。

木地屋さんに竿を発注、それを切って組み、

彫刻師に木地を渡して彫ってもらい、

それからパオラとマッシモが石膏塗りをして・・・

という手順で制作が進められます。

 

パオラの額縁店で彫刻専門でお願いしている職人さんは

3人いらして、グスターヴォさんはそのひとり。

サン・マルコ美術館ちかくにある

グスターヴォさんの工房にお邪魔させて頂きました。

 

額縁だけではなく、家具の装飾、ランプの土台、

看板から小物まで(この時はイタリアの

超有名ハイブランドのバッグの木製ハンドルを

作っておられて大忙しでした。)

木彫ならなんでもござれ、なグスターヴォさんです。


▲イタリアの彫刻師はみな彫刻刀の刃を自分にむけて置く。

一見こわいけれど、必要な刀をすぐに見つけられる。

 

プロの机、つかう道具、工房の空気など

リアルに拝見することが出来て、自分の目がギラギラ

していたのが分かりました。

身心に刺激を受けます。

▲合板に木材を固定し、さらに合板を机に固定して彫る。

 

グスターヴォさんの彫刻用木槌(きづち)は

40年以上使っているとのことですが

半分近くにすり減っているのでした。

▲pfail社の彫刻刀。木槌で打つときはこのように持って構えます。

 

新しい木槌も準備してあるのだけど、

やっぱりこれが使いやすいんだよね、と。

手になじんで愛着がわいて、もう体の一部に

なったような木槌でした。

 

「いつでもおいで。ここで教えてあげるから。」

と言って下さったグスターヴォさん。

すっかり本気にしているわたしです。

いますぐにでも彫刻刀をかついで駆け付けたい。

彫刻技術をもっと高めたい。

またフィレンツェ滞在を必ず実現させねば!

いくつになっても、師を持って修練できる機会は

大切にしたいです。

 

 

Firenze 2018 tempo calma №5 2月20日

 

額縁工房に通いつつも、やはり

美術館に行かずにはおられませぬ。

額縁工房からもほど近いホーン美術館へ。

 

イギリス人美術評論家であり美術商だった

ホーンさんのコレクションを基に作られた

こぢんまりとした美術館ですが、

聞きしに勝る充実でしたよ。

▲静謐なエントランス。期待が膨らみます。

 

まずはやはりこの美術館の宝物である

ジョットの「聖ステパノ」から。

発色、聖ステパノの表情にも惹きつけられますが

背景の金、そして石膏盛上げ(パスティリア)や

刻印による繊細な装飾に目は釘づけでした。

▲「聖ステパノ」1330年~1335年頃の制作。843×540mm

頭部の白いふたつは石です。石打の刑での殉教を表現しています。

 

照明の角度で亀裂や古びた擦れ、箔や画面の

経年変化が良く見えます。

左側、髪の描写の下に金箔があることが分かります。

こめかみには光輪を描いたコンパスの穴も。

▲亀裂はほぼ横向き。支持体の木目に関係するのでしょうか。

それとも石膏を塗ったときの刷毛の方向か?気になります。

 

▲若々しく赤味の指す肌、そして様々な装飾模様

どこをとっても「かわいい」と思ってしまいます。

 

もちろんジョットが描き終えた時には

この亀裂は皆無で表面はもっと滑らかで

金の輝きも強く彩色も鮮やかで

「この世のものならぬ」ように光り輝いて

いたことでしょう。

 

でも今の、まさに今のこの美しさは

ジョットの手になるものに経年による

変化が加わり、それがこれまで保存修復に

携わった方々によって保たれて、

すばらしい奥行きが増しています。

きっとジョットも「これも悪くないねぇ」

なんて思っていると想像します。

 

Il Museo Horne

 

 

Firenze 2018 tempo calma №4 1月28日

 

フィレンツェは以前にも増して

外国人の姿が増えていたように感じました。

アジアや南米の方々のグループ旅行、

アメリカの若い人たち(おそらく留学生)

EUの方々の個人旅行などなど。

そしてイタリア国内各地からのお客様も。

11月のフィレンツェはオフシーズンと思いきや

美術館も教会も朝から長蛇の列なのです。

それでも夏に比べればずっと短いとか。

▲サンタ・クローチェ教会入場の列。あともう少しなのですが

この日は時間切れで列から退散しました。

 

パオラ曰く、ユーロになってからイタリアは

景気が悪くなる一方とのことですが

こうして旅行者が大幅に増えて街は賑わい

若い人の仕事も増えたように感じたのでした。

古いお店が無くなった場所には今風のレストランや

バール、素敵な土産物店が立ち並んで、

暗くなると立ち寄りがたかった界隈が

オシャレスポットに様変わりして安全になっていたり

土日の夜まで開いているスーパーマーケットが

できていたり(これが一番驚いたけれど!)。

有名な教会はすべて入場料が必要になって、

その代りとてもきれいに整備・管理されて

働く人々も増えていた印象です。

 

そうそう、トラムができていましたし!

大学病院のあるカレッジ(わたし、ここで

親不知を抜いてもらいました・・・)や

もうすぐ空港もトラムでスイーッと

行けるようになるそうです。

 

わたしの思い出の「古き良きフィレンツェ」が

消えてしまった一抹の寂しさはあるものの、

8年ぶりに様変わりしていたフィレンツェは

さらに生き生きとした街になっていたようです。

 

 

額縁の本 「CORNICI DEI MEDICI la fantasia barocca al servizio del potere」 1月14日

 

この本は先日「古色再考 つづき」で

お話したときに参考にした本です。

メディチ家所蔵の額縁を紹介しています。

現在ピッティ宮殿内にある銀器博物館の一室が

「Sala delle Cornici」(額縁室)

として一般公開されており、その所蔵品が

メインに取り上げられているようです。

 

1500年代初め、コジモ1世からはじまり

1700年代初頭フェルディナンド3世の時代までを

紹介しつつ、額縁と額装されている作品も

同時に見ることができます。

▲ラファエロの女性の肖像。絵は本やネット上で

 何度も観ているけれど額縁を見る機会は少ない。

 

額装された状態と空っぽの額縁。

並べてみると、なるほどなるほど。

▲古い額縁の金の輝きは薄いグレーに感じる。

 

額縁だけ見ると彫刻も全面の金箔も

装飾過多で強烈すぎるように感じても、

作品--大抵は人物画――を額装された

状態でみればすんなりと見られるのです。

美術館などで見慣れている

という理由もあると思いますけれど、

やはり額縁は作品を入れてこそなのだと納得します。

額縁は面白いです。

 

この本を買った古書店が栞を入れてくれました。

8€の割引して頂いた記録も一緒に。

思い出です。

 

「CORNICI DEI MEDICI la fantasia baroccaal servizio del potere」

Marilena Mosco

Mauro Pagliai Editore

2007年発行

 

 

Firenze 2018 tempo calma №3 1月10日

 

フィレンツェの下町にあるパオラの額縁工房は

なんと言いましょうか、片付いていません。

サンプルとして展示されている額縁は

ちょっと傾いていたりするし、

床もカウンターもなにやら物だらけです。

ホコリを被った彫刻サンプルが転がっていたり、

制作途中の木地と書類が一緒に山積みだったり。

それなのに額縁と関係ない物は

一切置いていない不思議。

 

パオラ曰く

「この雰囲気に誘われてお客さんが来るのよ。

窓から眺めて、作業している様子がある方が

通りかかった人も入りやすいからね。

キッチリ片付いているとちょっと堅苦しくて

なかなか入りづらいでしょ。」

とのこと。

なるほど、毎日のお客さんの出入りの様子から

一理あるようです。

まぁ片付けが苦手というのも本当みたいだけど!

パオラのお喋りで親切、暖かな人柄が

お店の雰囲気に表れているのだと思っています。

 

 

古色再考 12月31日

 

フィレンツェ留学時に修業させていただいた

パオラとマッシモのお店が作る額縁の

最大の特徴は古色付け、アンティーク風仕上げです。

フィレンツェには、数は減りましたが

伝統的技法--つまり古典技法――で

額縁を作る工房は今も沢山あります。

そのなかで競争し生き残ってきたパオラとマッシモ。

古色の美しさ、力強さはイタリアのみならず

海外からのお客様からも認められています。

 

わたしが彼等の作る額縁に惹かれたのも

その古色の美しさで、修業中にもさまざまに

技法を教わりました。

そして今もわたしは古色を付けた額縁を

好んで作っているのですが・・・

 

今回のフィレンツェ滞在でパオラから

改めて古色の付け方を教わり、また

彼女の作業を傍らで見つつ過ごしていました。

それで分かったこと。

今までわたしが日本で行ってきた古色付けとは

仕上がりの光と色味が違うのです。

 

汚しに使う材料が思っていたのと違ったこと、

(バリエーションがいろいろあるのです。)

そしてなにより技術の違いが大きいのでした。

今回のフィレンツェ滞在で得た収穫は

たくさんありますが、この「古色について」は

改めて大きな気づきでした。

 

 

擦ってたたいて汚すだけではない。

古色再考のチャンス、活かそうと思います。

 

これにて2018年のKANESEIブログ「diario」を

お終いにいたします。

ブログをご覧くださりありがとうございました。

また額縁や修復の仕事でお世話になりました皆さま

大変ありがとうございました。

来る年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

2019年は諸々、心身ともにスピードアップを

めざす所存でございます。

 

 2018年12月31日 KANESEI

 

 

 

Firenze 2018 tempo calma №2 12月20日

 

今回の旅の目的は、額縁制作の修業先だった

工房へ行くことでした。

この工房はマッシモ氏とパオラさんご夫婦

ふたりで運営されていたのですが、

紆余曲折があり、現在はパオラさんひとりで

制作から販売まですべてを行っています。

 

工房を訪ねた日、なにせ7年ぶりですし

イタリア語も久しぶりですので緊張気味でしたが、

ドアを開けたとたんに感じた匂い--ニスや溶剤、

木の匂い、古い建物の匂いが入り混じった--

を嗅いで、パオラの笑顔が向こうに見えたとき

すっかり留学当時の気持ちが戻ったのでした。

▲お店のウィンドー。工房手作りの額縁と古い額縁(販売中)と

入り混じって展示されています。

 

工房はほんの少しの変化(物が増えた)はあったけれど

飾ってある見本の額縁の雰囲気も、カウンターの

雑多な雰囲気も、すっかり昔のまま。

▲右に見える入口の奥には作業部屋が続きます。

 

これからしばらく、パオラを手伝いながら

初心に帰って様々教えを乞います。

 

 

Firenze 2018 tempo calma №1 12月17日

 

2018年11月に、かつての留学先である

フィレンツェに行ってまいりました。

頂戴しているご注文をさらにお待ちいただき

Tokyo Conservation室長はじめ

額縁教室の先生、生徒さん方にもご了承いただき

渡伊を叶えることができました。

ここで改めてお礼申し上げます。

 

2011年以来7年ぶりのフィレンツェでしたが

La nostalgia in Italia 2011

とても変化があったところ

昔と変わらず続いているところ

さまざま感じました。

このブログ「diario」で、旅で見てきた

額縁や美術作品などと一緒にご紹介したいと思います。

どうぞお付き合いくださいませ。