top » diario

diario

鎌倉へ よろこびがある 12月29日

 

10回目になる「鎌倉へ」です。

今年の鎌倉詣ではまた1日早くなり28日。

いつも30日だったのが数年前から29日になって

今年は28日でしたが、お店もまだ開いていて

でも観光客は少なくて道も比較的すいていて

良いことが多かったようです。

 

穏やかな青い空、泡立つ波をながめていたら

北斎「神奈川沖浪裏」の指のような波が見えました。

 

そして小町通りへ。

空き地になったり新しい建物が建って開発が進んでいました。

あれ、ここは以前なにがあった?と考えても

思い出せない場所もあったりして、1年の長さを実感します。

そんな中でも、無くなってしまったと思っていた

古書店「藝林荘」が健在でした!わーい。

相変わらず山積みの古い本の匂いをかぎました。

 

八幡様も程よいにぎわいです。

大イチョウの2代目若木もずいぶん大きくなりました。

わーい。もう大丈夫、命が受け継がれました。

 

そして閉館した鎌倉近代美術館の建物。

取り壊されているかと思いきや

改修工事中だそうです。

ということは新たな役目がある?わーい。

池の風景も変わることが無さそうです。

 

帰りに葉山をまわって森戸大明神へ。

小さな岬にあるとても清い神社です。

思い出せないくらい久ぶりにひいたおみくじは小吉でした。

大吉で気が大きくなるより、小吉くらいの方が

わたしには向いている、との神様のお答ですね。

 

ことしの鎌倉、わたしの心がひっかかっていたこと

大イチョウの2代目が元気で、昔の鎌倉も残される

というよろこびが見つかって、良い旅でした。

ほかにもいくつも小さな嬉しいことがありましたが

それはまた改めて。

 

これにて2017年のKANESEIブログ「diario」を

お終いにいたします。

ブログをご覧くださりありがとうございました。

また額縁や修復の仕事でお世話になりました皆さま

大変ありがとうございました。

来る年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 2017年12月29日 KANESEI

 

 

鎌倉へ それでもやっぱり 1月05日

 

2016年12月29日もまた、鎌倉の八幡様へお参りに行きました。

ka2016b

長らく工事が続いていた若宮大路の段蔓が完成して

真っ白な石灯籠とお正月準備の日の丸が並んで美しい風景です。

ka2016d

今年はまだ初詣客用の整備が準備中で

「謹賀新年」(「新春」だったかな?)の看板や

参道の屋台準備もあまり出ていませんでした。

でもお参りする人たちの笑顔にはもう

新年を迎える嬉しさが感じられます。

 

小町通りの様子は・・・

派手な居酒屋と謎な雑貨店、鎌倉に関係の無い食品店が目立ち、

薄いレンタル着物を着た子供たち(大学生くらいでしょうか)が

はしゃぎながらクレープ、コロッケを食べ歩く道になっていました。

レストラン「コアンドル」は早々に連休に入っているし

昨年に天使の本を買った古書店「藝林荘」は閉店の片づけ中。

もうダメかもしれない。

鎌倉に来るのが辛いかもしれない。

 

いつもの古い骨董店の静かな店内でお店の方とおしゃべりして、

「なかむら庵」でおそばを頂いて、なんとか元気を回復しました。

 

最後に行った由比ヶ浜は、強風でした。

ka2016h

頭を下げないと前に進めません。

寒風で耳が痛い。飛んでくる砂で頬が痛い。

ka2016e

藝林荘閉店のショックを引きずっていましたが

それはそれ。終わりが来るのも仕方のないこと。

「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり

沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす」

鎌倉で平家物語の冒頭を思い出しました。

・・・ちょっと大げさですね。

 

帰りの車窓。

ka2016f

岬の向こうに見えるのは、もしかして?!

ka2016g

いつも変わらず美しい、富士山の姿。

そうしてやっぱり、また2017年の暮にも鎌倉に、

由比ヶ浜に来る、と決めました。

 

 

 

鎌倉へ 懐古趣味一長一短 12月31日

 

年に一度、暮に鎌倉へ行くお話をして8回目。

このブログも8年目をむかえました。

 

さて、毎年30日に行く鎌倉ですが今年は29日。

特別理由は無いのですが、1日早く行ってみました。

2015-12-29 12.09.00

例年通り大にぎわいの小町通り入口の鳥居です。

今回はじめて良く見てみたのですが、上部には

「八幡宮近道」とあるではありませんか。

確かに普段はそうでしょう。けれど年末は人ごみで

もしかしたら一番時間のかかるルートかもしれません!

 

鎌倉の古き良き町並みはどんどん変化して

最近はすっかり観光地、歩き食べの若い人ばかりになったのは

昨年の「鎌倉へ」でもお話したのですけれど、それでも

わずかながらポツポツと古いお店も頑張っています。

その中でもフレンチのコアンドル、その奥の古美術銀杏堂

そして交差点を挟んで斜め前にある古書店「藝林荘」の一角は

懐かしい小町通り、昔のままです。

昨年の30日にはすでに年内営業を終えていた藝林荘に

ことしはお邪魔することができました。

2015-12-29 14.59.08

ずいぶんきれいに改装されて、でも積み上げられている

本の山は以前どおり、つい長居したくなる空間なのでした。

2015-12-29 16.15.19

小町通りに新しいお店が立ち並ぶ中、古いお店を見つけて喜び

神奈川県立近代美術館の閉館で感傷に浸るわたし。

骨董が好き、作る額縁もアンティーク仕上げが好き。

懐古趣味ばかり、それで良いのか?

もっと新しいもの、新しい環境に興味を持って

感覚を柔軟にしたい・・・

などと考えながら帰路についた2015年の「鎌倉へ」でした。

 

2015年も大晦日です。

今年も一年間ご覧くださり、ありがとうございました。

また、仕事でお世話になりました皆さま、ありがとうございました。

今年は展覧会を開催することができ、思い出深い年になりました。

来年は改めて、額縁の仕事を大切に過ごす所存です。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

良いお年をお迎えくださいませ。

 

鎌倉へ  そうして変わりゆく 1月08日

 

毎年晦日に鎌倉へ行くようになってもう何年になるか・・・

我が家の恒例行事 鎌倉八幡様へのお参りに2014年も行きました。

 

由比ヶ浜に車を停めて降りた浜は 強い風が吹いていて

遠くに見えるウィンドサーフィンの帆(?)もずいぶん傾いています。

2014kama5

トンビは羽ばたきもせず 空で海に向かっていました。

うらやましいくらいに気持ちがよさそう。

2014kama4

浜を後にして 八幡様を目指して歩きます。

浜辺から八幡様の境内まで およそ2kmでしょうか。

小町通りの入り口は昨年以上の混雑で すれ違うのもままなりません。

観光客の楽しそうな声 人力車の呼び声 お店の呼び声 賑やかです。

縫うように歩いてたどり着いた八幡様で 2014年無事のお礼と2015年無事をお願いします。

 

ご神木の大イチョウが倒れてしまったのは2010年の春でしたが

それからもうすぐ5年になります。

どうやらヒコバエ復活は残念な結果だった様子で

小さな苗木に植え替えられていました。

2014kama2

この苗木もおそらく大イチョウから育ったもののはず

どうか元気に根付くようにと祈る気持ちです。

「がんばれ」の願いとエールは沢山の人々からも送られていました。

2014kama3

 

それにしても小町通りの賑わいは年々増しているように感じます。

食べ歩きのお団子やお饅頭 クレープのお店には行列ができ

無国籍な雑貨やチェーンの飲食店が増えて 人が溢れるようです。

どこかで見たことのある よくある観光地と同じ雰囲気。

一方で古い商店-鎌倉彫や骨董の店 あるいは履物屋や床屋-は閑散とし

文豪が訪れていた喫茶店「門」も わたしが毎年楽しみにして

必ず立ち寄っていた古書店「木犀堂」も相次いで閉店しました。

若宮大路に出ていたお正月飾りの屋台はいつの間にか見なくなり

古い材木問屋も今は無くなり更地になっていました。

 

わたしが知っている鎌倉から猛スピードで変わりゆく様子は

まるで追い出されるようで寂しく感じます。

でも ふと隣を歩く家族連れの小さな女の子の笑顔を見て

この子にとっての「幸せな思い出の鎌倉」は今日の姿なのだ

この子の笑顔は昔のわたしの笑顔なのだと気づき

こうして変わりゆくのが ずっと繰り返されてきた当然なのだ

古い大イチョウは倒れてしまったけれど

若い苗木が代わりに同じ場所で成長していくのだ・・・と

心がすこし楽になりました。

2015年の晦日に鎌倉を再訪したとき 今日の気持ちと女の子の笑顔を

また思い出すのでしょう。

2014kama1

 

 

 

 

 

鎌倉へ 沢山!たくさん! 1月06日

 

毎年末恒例の鎌倉鶴岡八幡宮へのお参り。

このブログでお話するのも6回目になりました。

お正月気分も終わり そろそろ日常にもどる今日ですが

2013年晦日の鎌倉散策のお話。

 

逗子で有料道路を下りて鎌倉へ近づくにつれて

いつも合わない渋滞に巻き込まれました。

この渋滞も後から考えてみれば この日の前兆なのでした。

とにかく まずは由比ヶ浜に車を停めて

冬の光で輝く海を眺めましょう。

DSC_6158

2012年は寒い寒い雨の一日だったので

浜に下りることもなく 海を楽しむ人の姿もありませんでした。

DSC_6180

2013年は穏やかに晴れて波も程よく

ビーチバレーをする青年たち 凧揚げの親子

犬の散歩をするカップル・・・沢山の姿がありました。

これぞ「正しい晦日の由比ヶ浜の姿」でありましょう。

そして これまた沢山のトンビがぐーるぐる・・・

DSC_6183

さて浜をあとにして 小町通りから八幡様へ向かいます。

例年も賑わう小町通りではありますがどうしたことか

今回はもう驚くばかりの人出です。

道はすれ違うのもままならないほど どのお店も人であふれています。

ガイドブックを片手の家族連れ ハイヒールの女の子グループなど

いつもの12月30日には見かけないような人々の姿も。

DSC_6186

見渡す限りの人人人!沢山です。

ひときわ異彩を放っていた真っ赤なジャージのオジサン。

・・・観光ではなさそうですが。

もしかしたら 家族が人ごみで見失ってもすぐに見つけられるように

実は地元の方の作戦なのかもしれません。

 

人をかき分けかき分け 骨董店のウィンドウを覗くのも忙しなく

ようやくたどり着いた八幡様の鳥居は

きりりとした赤と黒 青空のコントラストがとても美しい姿です。

DSC_6189

これまた人が沢山で 交差点の邪魔にならないように

写真を撮れるのはほんの一瞬の間です。

 

おみくじに並ぶ長蛇の列を横目にそそくさとお参りを終えると

しつこいようですが・・・おみくじも結ぶ場所が無くなりそうに沢山。

DSC_6192

これだけ沢山の人が神様のお導きを求めている・・・

色々と考えさせられます。

恋に悩む女の子が結んだものばかり そして大吉ばかりだと良いのですが。

 

さて もう「沢山」はたくさん!ということで

お土産の大仏サブレーをひと箱買って 早々に帰路に着くことにします。

DSC_6187

大仏サブレ―も沢山並んでいました・・・。

 

 

帰りの車窓から見えた富士山は 唯一無二の姿。

慌ただしかった2013年の鎌倉散策でしたが

この富士山を見られたことで心も落ち着きました。

2014年もさらに充実した一年にしようと思います。

DSC_6203

 

 

 

鎌倉へ 初めての雨 1月07日

 

2012年の晦日の日 恒例となった鎌倉へ行きました。

寒い雨が降り続けるなか

小町通りの散策もそこそこに 鶴岡八幡宮へ。

 

2012年も身心健康に過ごせたことを感謝し

2013年も頑張る事ができるようお願いしました。

そして近々出産を控える友人に「安産お守り」を買いました。

参道の石畳はすっかり濡れて水たまりができていますが

初詣の参拝客を楽しませてくれる屋台の準備は進んでいます。

心なしか外国人のお客さんは少ないようですが観光客は例年通り。

おみくじを引いて一喜一憂していました。

 

いつも賑やかな鳩の群れが見当たらないと思ったら・・・

まだ閉まっているお札売り場の軒下で丸くなって雨宿り。

鳩たちも雨にぬれず年が越せるようで一安心です。

わたしの記憶がある限り 12月30日の鎌倉が雨だったのは初めて。

由比ヶ浜に下りなかったのも初めてです。

いつもはサーフィンや凧揚げ 散歩を楽しむ老若男女の姿もありません。

2013年の暮 どのような心境で鎌倉に来る事ができるのでしょうか。

良い天気になることを祈りつつ帰路につきました。

 

 

 

鎌倉へ 迷わずに 1月09日

.

2011年の暮、例年通り鎌倉へ行きました。

毎年同じ時期に決まった場所へ行くのは

区切りをつけること そして 変化を感じることなど

心の整理に役立っています。

dsc_4700

由比ヶ浜で海風に吹かれてから 鶴岡八幡宮へお参りに。

鳥居をくぐったすぐの池は わたしが幼いころは

薄く氷が張っていました。

いつもより寒く感じるこの冬ですが 氷はありません。

dsc_4713

すでに初詣の参拝客を迎える準備も始まっていました。

はぐれた時の待ち合わせ場所の設置も。

「迷わないで この下でまちましょう」

迷子のための旗ですが まるで神様に

「迷いを捨てなさい」と励まされているように感じました。

dsc_4707

ううむ・・・とうなりつつ

2011年も無事に鎌倉を後にしました。

.

鎌倉へ 砂浜の足跡 12月30日

 

今年も暮れになり 恒例の鎌倉散策へ。

とても良いお天気でした。

 

鶴岡八幡宮の御神木である大銀杏が

倒れてしまったのは今年の春のことですが

もう随分前のことのような気がします。

その大銀杏も初夏には美しい若芽が出て

今はすっかり落ち着いています。

次の春まで力を貯めて また力強い発芽を

見せてくれることでしょう。

kamakura-3-2010

由比ガ浜も冬の澄んだ日差しに満ちて

無数の足跡が残されていました。

kamakura-1-2010

kamakura-2-2010

 

2010年も今日と明日を残すばかりになりました。

この1年間も健康に過ごし 好きな仕事を

続けることが出来たことをとても幸せに思います。

また 沢山の方に励ましていただき

KANESEIホームページをご覧いただき

大変ありがとうございました。

2011年も どうぞよろしくお願い申し上げます。

良いお年をお迎え下さい。

2010年師走 KANESEI

 

.

鎌倉へ 「門」 1月11日

 

鎌倉散策のお話を引き続き。

八幡様へのお参りを終え 若宮大路と小町通を行き来しつつ

毎年お邪魔する骨董店や古書店を覗いては

鎌倉ならではの楽しみを満喫します。

歩きつかれた帰り道に 長年入ってみたいと思っていた

小町通にある喫茶店「門」へ立ち寄ることにしました。

このお店をご存知の方も多いかと思いますが

鎌倉の文豪・文化人に愛された喫茶店で

少々古めかしくも とても落ち着く雰囲気です。

わたしの好きな笠智衆さんもよくいらしていたとか。

ショートケーキと紅茶のセットをお願いしましたが

ケーキは素朴で これまた「昔ながらの」と言った美味しさです。

ミルクティーとメニューにあったのでお願いしたら

牛乳ではなくてコーヒー用のクリームだったのが

唯一残念なところですが・・・

いつかまた このお店で手紙を書いたり本を読んだりと

ひとりでゆっくり過してみたいと思います。

mon

日が暮れた頃に着いた浜辺は

大きな夕日が沈みつつあるなか サーフィンを楽しむ人達の

美しいシルエットが海に浮かんでいました。

毎年の「鎌倉散策」にて 2009年も無事に終わりました。

kamakura-umi3

鎌倉へ 冬の海 1月08日

 

冬の海が好きです。

春や夏の海のような明るい元気な雰囲気はありませんが

冬の海ではもっと静かで 自分の内面と対峙できるような

そんな気持ちになります。

冬の浜辺で過す時間はわずかですが

そうしたリセットの時間を毎年決まった時期に持つことは

わたしの大切な「儀式」となっているようです。

kamakura-umi2

すでに松も明けましたが 昨年末のお話です。

暮も押し迫った12月30日に鎌倉へ行きました。

毎年この時期には鎌倉の鶴ヶ丘八幡宮へお参りします。

由比ガ浜へ車を停めて 小町通から八幡様へ

帰りは若宮大路を通って浜まで戻るのがいつものルート。

忙しい時期にもかかわらず 鎌倉はどこもかしこも

観光客や地元の買出しの人達で大賑わいでした。

taikobasi

八幡宮の入口には 大きな太鼓橋があります。

神様がお渡りになる橋。

現在は柵で閉じられています。

わたしが幼い頃は人間も自由に渡ることが出来て

滑り台のような橋を必死によじ登った楽しい記憶があります。

hatimansama

2009年も無事に過せたことを感謝し

2010年もまた頑張ることができるように祈りました。